歯がために使われている素材の種類

query_builder 2024/07/05
コラム
47

赤ちゃんの歯がために使われている素材の種類には、いろいろなものがあります。
そのため、どのような素材の歯がためを選ぶべきか迷っている人も多いでしょう。
本記事では、歯がための種類を紹介しますので、購入時の参考にチェックしてみてください。
▼歯がために使われている素材の種類
歯がための素材にはさまざまなものが使われていますが、特に多いのは次の素材です。
・木
・米
・シリコン
・エラストマー
特に安心して使えるのが、木や米などの自然素材です。
米製の歯がためは、安全性の高さから人気があります。
また耐久性を優先して選ぶのなら、木製がよいでしょう。
シリコンやエラストマーは弾力性があり、水で丸洗いできます。
■歯がためを交換するタイミング
赤ちゃんの歯がためは、どの素材でも使い続けると次第に削れてきます。
ケガにつながる恐れがありますので、歯がためが削れていると気づいたら交換しましょう。
問題なく使える状態なのか、毎日チェックしてから与えるのが大切です。
複数個用意しておくと、交換しながら清潔な状態で使えます。
▼まとめ
赤ちゃんの歯がためには、米・木・シリコン・エラストマーなどさまざまな素材が使われています。
削れてきたら交換時期ですので、ケガをしないよう新しい歯がために替えてくださいね。
川崎市にある『JUKEBOX』では、天然ブナ材を使った体に優しい歯がためをご用意しております。
ベビーグッズやベビー服も取り扱っておりますので、歯がためをお探しならぜひお気軽に当店をご利用ください。

NEW

  • ハンドメイドアクセサリーにはどんな種類がある?

    query_builder 2023/05/16
  • 歯がために使われている素材の種類

    query_builder 2024/07/05
  • 赤ちゃんの歯がためを使う期間とは?

    query_builder 2024/06/03
  • 金属アレルギーの悩みを解消する方法

    query_builder 2024/05/01
  • 金属アレルギーを持つ人でも安心な素材とは?

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE